作品募集

募集期間

2020年7月7日|火|— 12月18日|金|必着

 

 

グランプリ  30万円(1作品)

準グランプリ 20万円(1作品) 他

 

 

審査員

木村光佑|造形作家・茨木美術協会会長

加須屋明子|京都市立芸術大学教授

おかけんた|吉本芸人・アートプランナー

林勇気|映像作家・美術家

2020年、大阪府茨木市で新しい芸術祭、「茨木映像芸術祭/Ibaraki Film Arts Festival」がスタートします。

8分19秒以内の映像作品を地域・年齢問わず幅広く募集します。

8分19秒とは「太陽から私たちに光が届くまでの時間」であり、本芸術祭は実体のない光の作品である「映像」をテーマとした短編映像コンクールです。

作品は審査員の選考によって各賞が与えられ、入選作品はインターネットで一般公開されます。併せて上映イベントを開催し、広く鑑賞いただける場を設け、市民生活の中でアートに触れる機会を提供します。

 

※上映イベントは新型コロナウイルス感染拡大の予防により、変更・中止する場合があります。

  • Facebook
  • Instagram

© Ibaraki Film Arts Festival